So-net無料ブログ作成

新燃岳噴火(2017)動画・画像 各所影響や被害が心配! [社会]

新燃岳噴火、6年ぶりのことになります。
 
2017年10月11日早朝、霧島山新燃岳より噴火しました。
テレビでも報道されてますが、
 
現地の方が獲った新燃岳噴火の動画や画像をまとめてみます。
 
大事にならないとよいですね。

合わせて桜島が噴火した後に鹿児島にいって聞いた話も少し書きます。
 
スポンサーリンク




 

新燃岳噴火(2017)動画・画像



2017年10月11日早朝、霧島山新燃岳が噴火しました。
新燃岳噴火(2017)動画・画像を観ていく前に…
 
 
6年ぶりの噴火と言うことで、
現地にお住まいの方からも心配の声が大きく出ています。
 
(6年前の新燃岳噴火は東日本大震災が発生した2011年9月。)
 
気象庁は新燃岳噴火の警戒レベルを2017年10月11日午前中の内に、
噴火警戒レベルを2→3へと引き上げています。
 
噴火警戒レベル3と言うのは、「入山規制」となります。
 

新燃岳噴火で現地、高原町では降灰が午後になっても続いていて、
6年前の新燃岳噴火のように被害が大きくなることを心配しています。
 
天災だから防げない…などと、
外部の人間が言ってはいけないことですが、
 
大きな被害にならないことを祈るばかります。
 
◆新燃岳噴火(2017)動画・画像
 
現地の方のtwitterから新燃岳噴火の動画や画像を引用したいと思います。
 
遠目から噴火の様子を撮った動画や画像、
また灰がふってきた様子を撮ったものなど…
 
「生々しい」ものが多いです。






 


 






いかがでしょうか?
 
私たち(遠方に住む人間)はこうした噴火などが起こった直後は注目しますが、
少し間があくと忘れていつもの日常に戻ってしまいます。
 

新燃岳噴火(2017)による被害が大きくならないことを祈るばかります。

最後に、桜島が噴火した後に鹿児島に言って、
現地の人に聞いた話を少しご紹介します。
 
スポンサーリンク




 

新燃岳噴火(2017)から思い出した桜島噴火


 
少々話が新燃岳噴火(2017)から変わってしまいますが、
動画や画像のような直接的な光景は見たことないものの…
 
桜島が噴火した直後に、
鹿児島へ行ったことがあります。
 
2016年2月に桜島が噴火、
また熊本地震が4月にあった直後の5月鹿児島へ行きました。
 

不謹慎ながら旅行と言う形で、
旧友に会いに行った格好になります。
 
その時、タクシーに乗って移動する機会があったのですが…
 
タクシーの運ちゃんに「桜島噴火して恐いですね、東京では結構ニュースになっていますよ」
と話かけたところ…
 
え?東京ではそんなことがニュースになっているの? こっち(鹿児島)ではいつものこととしてみんな気にしていないけど…
 
と、かなり衝撃的な回答がありました。
 

そうなんです。
 
桜島の噴火は結構日常的にあり(もちろん大小ありますが)、
2016年はなんと…46回噴火していたそうです。
 
現地にいるかが慣れてしまっているのかも知れませんが、
火山灰が降ると生活に影響が出てしまいます。
 
火山大国とは言え、噴火を人工的に止めることはできません。
 

新燃岳噴火(2017)動画・画像で見たものが最後で、
噴火がおさまってくれること、また被害が大きくならないことを祈るばかります。
 
スポンサーリンク




コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。