So-net無料ブログ作成

三度目の殺人[映画]結末と感想|三度目の意味を考えてみましたネタバレ注意。 [エンタメ]

三度目の殺人[映画]観てきました。
 
その結末と感想を私なりにまとめてみます。
タイトルにある「三度目」の意味など、ネタバレも含みます。
 
まだ映画をみていない方はそっとページを閉じていただき、
三度目の殺人[映画]結末は知っているけれど他の人の感想が気になる…という方はご覧いただけますと幸いです。
 
スポンサーリンク




 

三度目の殺人[映画]結末と感想



三度目の殺人[映画]の主要キャストは…

・重盛(福山雅治)/弁護士
・三隅(役所広司)/殺人犯?元食品工場勤務、30年前に殺人歴あり
・咲江(広瀬すず)/高校生左足に障害あり(山中)
・美津江(斉藤由貴)/咲江の母親(山中)
・摂津(吉田鋼太郎)/弁護士(重盛の同僚)
・川島(輝満島真之介)/弁護士(重盛の同僚)
・重盛彰久(橋爪功)/元裁判官(重盛の父)30年前三隅の事件の裁判官
 
三度目の殺人[映画]結末はもやもやとするものでした。
 
刑事ドラマのように結末がスッキリするものではありませんし、
刑事ドラマは捕まえて終わり、三度目の殺人[映画]は捕まった後の裁判が舞台。

 
会話の端はしに以前から思っていた裁判ってなんか無駄じゃね?
って思うような内容が多く現実世界を皮肉っている感想も持ちました。
 
それでは、三度目の殺人[映画]の結末へと続くネタバレ部分・内容に触れていきます。
 
これから映画を観るという方はお気をつけください。



◆三度目の殺人・映画ストーリー
 
映画は河原で役所広司さん演じる三隅が男性(山中/斉藤由貴の夫・広瀬ずずの父)をなぐり、ガソリンで火をつけるシーンから始まります。
 
そして獄中で自分が犯行をしたと供述した後、重盛(福山雅治)が担当弁護することになり、死刑を回避すべく、三隅と話をしていく…と言ったストーリーです。
 
三度目の殺人[映画]の感想としてまず言えるということは、
こんなに人がウソをつくと今、目の前でおこることが全てウソに見える…といった感想もあります。
 
人を翻弄するって心がもやもやすると感じます。

 
そのウソは山中自身がつくものもあれば、重盛・弁護側が目的(減刑)の為にいうべきこと・表現を変えることなど様々。
 
ちなみに三隅のウソはストーリーが進むごとに何度も重ねられます。
正直何がウソで、何が真実=本当なのかはわかりません。

→山中は自分がお金目的で手をかけた
→山中は山中美津江(斉藤由貴)にお金で操られ手をかけた
→山中はそもそも現場である河原にいっておらず手をかけてもいない
 
こう証言がコロコロ変わっては誰も何も信じられなくなりますよね。
 
ちなみに、斉藤由貴さんが三隅と不倫していると疑われる内容はなかなかタイミング的に「お、おう…」といった微妙な感情になりました(苦笑)

スポンサーリンク




 

上記証言の動きの中には世間が気付いていないウラがいくつもあります。

・山中は山中美津江(斉藤由貴)にお金で操られ手をかけた
 
→ 美津江が夫に保険金をかけて三隅に手をかけさせた…その前金として50万円三隅の口座に振り込まれていた…
 
が、当初みんなが疑うストーリーでした。
しかし、この考えは裏切られます。
 
この50万円は、三隅が元々働いていた美津江の夫・山中が社長の食品工場の食品偽装の手伝いをしたことによる報酬だったのです。
 
これを隠していました(なぜか?目的は後述)。
 
美津江は実際に保険金が下りないことを娘の咲江に愚痴るなど、
闇がある描写があり、その空気感に震えます。
 

・山中はそもそも現場である河原にいっておらず手をかけてもいない
 
→この供述は私は「ウソ」であると思います。
 
この供述をした理由は…咲江を守る為。
実は、咲江は実の父親から性的暴行を受けていたことがわかります。
 
三隅は娘がいて左足に障害があり、また咲江にも同じ障害があり娘と重ねていたのでしょう。
その咲江が「お金目的」ではなく「自分のため」に三隅が父に手をかけたと告白すると証言する意思を重盛に伝えます。
 
しかしそのことを知った三隅は、「娘」が世間に自分の辛い経験を告白するという行為をさせないために
「そもそも自分はやっていない」と供述を変えることで自分をかばおうとした咲江の行動を止めます。
 
そして同時に咲江が実の父親に暴行をされる事を見て見ぬ振りをしていた母親を落としめる為のウソをついたわけですね(上述)。

 
咲江もその三隅を意図を感じ真実の告白はせず、
三隅は死刑決定という結末となりました。
 
 
しかし、これらを推察した重盛の告白を三隅は否定。
「思いもよらない綺麗なこと」としてまだ不敵に重盛の心をゆさぶります。 
 
三度目の殺人[映画]を観ると、いかに三隅が重盛の心を揺さぶっているか、
ウソを何度もつきそれでも自分を信じるように仕向けるか。
 
重盛の苦悩と葛藤がひたすら描かれています。
 
普通に三度目の殺人の映画を観ていると…

 
「で、三隅は結局山中に手をかけたのかどうかどっちなのよ?」
 
といったモヤモヤとした感想があると思います。
私もそうでした。ただ、咲江の告白が真実だとすると三隅が「娘」を守るために手を下したということは事実だと思います。
 
で、私がもっとも驚いたことは、
「福山雅治さんも役所広司さんも三隅が実際にやったかどうかは分からないまま演技をした」ということです。
 
鳥肌たちませんか?わたしはぞわぞわとしました。
 
だから途中苛立って「本当のことを教えてくれ」激昂した重盛の感情は福山雅治の感情そのものであり、
三隅の「のらりくらり」としたウソも役所広司さんの俺だって分からないといった演技がドハマリした形だと思います。
 

三度目の殺人[映画]結末 はこのような感じ。
 
ただ、実際は「十字架」や「咲江のウソ」などまだまだ「観る側」に解釈を任せられた部分がたくさんあります。感想もひとそれぞれでしょう。
 
もし三度目の殺人[映画]を見ずに結末だけ知ってしまった方はそういったポイントも気にしながら映画を観るとより楽しめると思いますし、観るたびに感想も変わるかも知れません。
 
非常に難解な映画なのでその難しさも楽しむこともありだと思います。
 
スポンサーリンク




 

三度目の殺人 三度目の意味は?


 
わたしは途中、いつ三度目の殺人が起こるのかな??と思って映画を観ていました。

三隅が犯した30年前、そして山中。もう一回は?
……劇中では「三度目」は出てきませんでした。
 
ただ、これはわたしの感想・解釈ですし別の考えもあるかも知れませんが「三度目」とは…

 
三隅自身のことを指すのではないかと思います。
 
自分が死刑を回避させようとする重盛を翻弄し、最終的に支配。
そして結果として死刑になる。
 
死刑=人が人を殺める権利を問うています。
実際は人ではなく「法」ですが、それでは法とは?裁判官とは?と終わりのない問答へとつながります。
 
劇中のコメントとして非常に頭に残っている言葉は…
 
咲江が言った
 
「普通ってなんですか?」
「誰を裁くのかは、誰が決めるんですか?」
 
後者は真実を告白することすらできなかった裁判のあとセリフです。
 
「ここでは誰も本当のことは言わない」
 
弁護士・検察の予定調和も描写することで現実世界の矛盾を強烈に皮肉ったセリフだと思います。
 
 
三度目の殺人[映画]結末や感想、「三度目」の意味などを書いてみました。
感想は本当に人それぞれ別れる映画だと思います。
 
ご覧になった人は是非もう一度、まだでカンニングしてしまった人は是非一度劇場でご覧になってみてください。
 
わたしの「もやもや」の感想と、複雑な感情をご理解頂けると思います。
 
スポンサーリンク




コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。