So-net無料ブログ作成

鳳恵弥 ブログで鈴木砂羽の悪行を告白!かなりジャイアンだった模様! [エンタメ]

鳳恵弥さんがブログで女優の鈴木砂羽さん演出部の稽古で受けた非道を告白しました。
 
鳳恵弥さんについて、そしてブログで書かれたことから推測できること、
また鈴木砂羽さんの心境などを考えてみようと思います。
 
スポンサーリンク




 

鳳恵弥 ブログで鈴木砂羽の悪行を告白!



女優の鳳恵弥(おおとりえみ)さんが ブログで鈴木砂羽さん初演出部隊の稽古で、
鈴木砂羽さんから「人道にもとる数々の行為」を受け部隊を講演前に降板したと告白しました。
 
鈴木砂羽さん演出の舞台”結婚の条件”で出演女優に「人道にもとる行為」、
平たく言うと【パワハラ】といって良いと思います。

 
部隊の演出家=上役が出演者に立場を利用して精神的・肉体的苦痛を与える。
一般社会で言えばパワハラと言うことですよね。
 

ところで、鳳恵弥さんご存知ですか?
簡単にですが、鳳恵弥さんのブログ内容紹介の前に鳳恵弥さんについて少しだけ書かせていただきます。
 
・鳳恵弥(オオトリエミ)
・1981年1月4日生まれ
・身長166cm
・血液型A
・2002年(大学生当時)準ミスインターナショナル受賞
 
準ミスインターナショナル受賞後それまでの俳優業からモデルもこなすようになっています。
 
鳳恵弥さんと認識はしていませんでしたが過去に、
ケンタッキーや化粧品のCMなどにも出られていました。
 
主に舞台女優として活躍されているので鳳恵弥さんご存知ない方も多いかも知れませんね。


その鳳恵弥さんがブログ上で、鈴木砂羽さんから「パワハラ」を受けたと告白しています。
 
スポンサーリンク




 

鳳恵弥 ブログで鈴木砂羽のパワハラを告白した内容


 
鳳恵弥さんは自身のブログで鈴木砂羽さんの「人道にもとる数々の行為」を告白しました。
 
その内容は…
 
鈴木砂羽さんが演出の舞台ですから、
当然ながら「口を出す」立場にあることは大人ですからみんなわかっています。
 
当たり前ですけれどぬるま湯でなあなあでやっていったら稽古の意味もないですし、
良いお芝居を作れないため「喝」を入れたり「指導」をすることは普通のこと。
 
部活の先生が何も指導しなきゃ誰も上手くならないですよね。

 
ただ、「度」が過ぎれば問題になりますし、
今回、鳳恵弥さんのブログで告白した鈴木砂羽さんの行為は「アウト」と言えるレベルです。
 
鳳恵弥さんのブログから抜粋して紹介しますね。
 
※演出家=鈴木砂羽
 
お約束をしていた時間に稽古場を出る日、まさかの事態、演出家と演出助手が揃ってふんぞり返り劇団の代表者であり、脚本家であり、プロデューサーの江頭美智留先生に頭を下げさせている姿、余りにも常軌を逸していて、言葉がありませんでした。


劇団の代表者と言えば小さくても社長。
その社長やプロデューサーを踏ん反り返って頭下げさせています。
 
ブログにはまだ鳳恵弥さんの記述があります。

1回目の通し稽古が終わり、私たちは床に座ってダメ出しを受ける中、準備していたかのようにまた始まる罵倒、『2回通し稽古をしたかったのに誰かのせいで出来ない!』尻馬に乗るように演出助手の方が『みんなも2回やりたかったよね?』、

そして名指しにされる私たち、先生が後ろから駆け付けてまた頭を下げる、美千子姉さんが『すいませんでした。』と謝る姿に納得せずに『ぬるいわね』と吐き捨て更に追い込もうという演出、作品の稽古とは全く関係ないところで起こる惨状に、私は床に額を擦り付けて謝ることになりました。

 
※美千子姉さん=牧野美千子さん
 
床に頭を擦り付ける、つまり土下座をみんなの前でさせられています。
さらに、

その姿に『私たちだけじゃなくてあちらにも』と他の共演者の方にも土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました。

 
怒っている内に気持ち良くなってしまったのか、他の人にまで飛び火させ土下座を強要。
なかなかのヒドイ行為ですね。
 
この後、鳳恵弥さんのブログは感情が抑えられなかったのか、
ややわかりづらい文章が続いていますが、まとめて整理すると…

・プロデューサーの江頭美智留さんに今後を任せると決めた
・江頭美智留さんに代役を頼まれたと俳優仲間から連絡が入った
・江頭美智留さんがあまりに酷いと鈴木砂羽さんに抗議
 
すると…

『代役でやるとかやらないとか、皆が揃わないと公演を中止にするとかしないとか、そんなのを決める権利はあんたにはない』とのこと・・・

 
と言い放つ。
 
実はそれまでに、鈴木砂羽さんは自分がセリフを覚えられないことを脚本のせいにして
なんども内容を書き換えさせていたそう。
 

おう…あまりにジャイアン過ぎる。

 
そして、演出家としてあるまじき言葉として、

稽古場で私はドラマの言うA面の江頭美智留を知っている、舞台というB面しか知らないあなたたちは、と言った時


と自分が演出する舞台のメンバーのプライドを逆なでするような発言をしていたとのこと。
 
これじゃ、人はついてこないですよね。
人の上に立つ立場の人間が言ってはならないことだと思います。

 
20年、30年前はこうったことが日常茶飯事だったのかも知れませんが、
今の時代個人がメディアで発言をできる時代です。
 
自分がやったことがこうして世の中に広まってしまう、
自分の価値が下がるおそれがあることをA面側にいた鈴木砂羽さんは気にしたことなかったのでしょうか。
 
たしかに、鈴木砂羽さんとしては自分の初演出舞台として、
気合がは入っていたであろうことはわかります。
 
でも、鳳恵弥さんがブログで書いたことは、
気合いではなく、やりたい放題でありこれは続かないなと、人がついてこないなと思う行為。

 
今後鳳恵弥さんがブログで告白したこと、
また出演者が降板した話題が大きくなったことでこの舞台がどうなるのか。
 
動向が気になりますね。追記していきたいと思います。

※鈴木砂羽さんが土下座を強要した事実はないとのニュースも流れています。
何が本当で何が真実ではないのか。感情が入ってくると事実と真実がごっちゃになりがちですよね。
 
果たして真相が私たちにわかる形で出てくることはあるのでしょうか。


【関連記事】
鈴木砂羽の餃子部メンバーは?おすすめ餃子、酒癖は勘弁して欲しい?  

スポンサーリンク




コメント(0) 
共通テーマ:芸能

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。