So-net無料ブログ作成

堀井大輝の逮捕 巧妙な手口、特殊詐欺の黒幕までたどり着けるか? [社会]

堀井大輝容疑者の逮捕について情報をまとめてみようと思います。
 
堀井大輝の逮捕に至った容疑は手の込んだ手口の特殊詐欺。
警察は裏にある組織までたどり着こうと動いています。
 
現状分かっている範囲で、配役が多い犯行の手口のため不謹慎ながら劇団か!といった印象を受けてしまいます。
 
スポンサーリンク




 

堀井大輝逮捕、特殊詐欺の手口とは?


 
堀井大輝容疑者の逮捕のニュース、手の込んだ手口の特殊詐欺によるものです。
 
以前のいわゆる「オレオレ詐欺」は高齢者に息子を名乗り電話をし、
会社で失敗した、事故を起こし示談金が必要…などとお金をだまし取るものでした。
 
オレオレ詐欺の「はしり」ですね。

 
しかし、近年オレオレ詐欺→特殊詐欺がドンドン手口が巧妙なものになっています。
堀井大輝の逮捕もその一例ですね。
 
今回の堀井大輝容疑者の逮捕の手口をまとめてみると…
 
◆60代の女性から7800万円をだまし取る
(会社役員の女性を狙っていることから事前の準備はしっかりとしたものと思われます。)
 
◆役割分担をして信じ込ませる
→配役1:老人ホームの入会権を優先的に譲ると興味を持たせる

→配役2:その老人ホームの入会権を譲って欲しいと連絡する
 
→配役3:老人ホームの入会権を仲介する会社のフリをして、入会権の譲渡=名義貸しは犯罪だと脅す。

※役所に没収されると脅す。
 
→配役4:役所の職員として連絡をとり預金を預ければ何とかするとたたみかける。
 
堀井大輝容疑者の逮捕と同時に他5名が逮捕されているとのことで、
これら4人の配役意外にも「役割」を演じていた人物がいたことになります。
 
ひょっとしたら一人何役も演じていたかも知れません。
 
 
少し考えればおかしいだろう…と思う部分もありますが、
一般の人間からすると「役所」だの「警察」だの「犯人」だのと言葉を使われると、
冷静な判断ができなくなってしまいますよね。
 
知識がない部分で犯罪者呼ばわりされたら気が動転してしまいます。
 
普通はそうですよね?
 
堀井大輝が逮捕された特殊詐欺の手口は、
このように手の込んだある種「劇団」的動きをしていたのです。
 
スポンサーリンク




 

堀井大輝の逮捕 プロフィールや今後について


 
堀井大輝の逮捕により警察は「裏社会」との繋がり=お金のながれを見込んで捜査を続けています。
 
今回60代女性が7800万円だまし取られたとのことですが、
似たような「寸劇」詐欺で3億5000万円ほどの被害が出ているとか。
 
これが、逮捕された堀井大輝容疑者の一座のものなのか、
また同じような手口で人の心理を突いての犯行か今後調べられていきます。
 
 
ところで…今回逮捕された堀井大輝容疑者については、
「無職の堀井大輝容疑者逮捕」とされていました。
 
ようは、詐欺グループの一員として日常を過ごしていて、
27歳で一般の定職についていない=資金・生活・身を置く場所があると考えられています。
 
見た目は…好青年っぽいので日常で怪しまれることはなかったでしょうね。

 
裏には「本職」の方々が付いている可能性が高いとして、
警察も動いている様で今後動きが注目されるところですね。
 
現状堀井大輝容疑者の逮捕だけでは、
「トカゲのしっぽ切り」程度の動きにしかならないので。
 
スポンサーリンク




 


コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。