So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

台風21号進路予想2017<東京>図面引用:米軍合同台風情報センター [生活]

台風21号進路予想 2017年の台風21号は日本を直撃しそうです。
 
東京への到達のタイミングなど、
その正確性で有名な米軍合同台風情報センターの台風21号進路予想図をみてみました。
 
スポンサーリンク




 

台風21号進路予想2017 東京へはいつ来る?


 
「超大型」で「非常に強い」と言われている台風21号2017、
東京では10月初旬の暑さはどこへいったか中旬は一気に冷え込んだところに…
 
台風21号が直撃しそうな進路予想がされています。
 
正確性は一番と言われる米軍合同台風情報センターの情報をみてみました。
米軍合同台風情報センターの台風21号進路予想2017をみると東京へは…

スクリーンショット 2017-10-21 14.30.56.png 
引用:米軍合同台風情報センター
 
※標準時刻の違いで表記時刻が違います。
日本時間に直すときはプラス9時間で計算します。
 
そう考えると、

22/12Z→22日(日)/21時
23/00Z→23日(月)/9時
 
と読み解くことができます。
 

この台風21号進路予想2017でみていくと、
本州三重県沖に台風の中心がくるのが、22日21時頃。
 
東京を過ぎ茨城県沖に台風の中心が抜けるのが23日の9時頃。
 
このように2017年の台風21号進路予想されていることがわかります。
 

つまり、東京への影響を考えるならば、
台風は円の中心ではなく、その外周に影響がでることを考慮すると…
 
2017年10月22日(日)の夜から翌23日(日)の出勤時間帯が
もっとも台風21号2017の影響を受ける時間帯であると想定できます。

せっかくの日曜日ですが、
東京近郊にお住まいの方は日曜日は早めにお家に帰って…
 
23日(月)は電車の状況、またリアルタイムの正確な情報を確認の上、
気をつけて出勤、通学、または台風21号が落ち着いてからの移動を心がけたほうが良いですね。
 
スポンサーリンク




 

台風21号進路予想2017から考える東京での準備は?


 
「超大型」で「非常に強い」と言われている台風21号2017、
進路予測は先の通りですが、具体的に台風への備えは何をすれば良いのでしょうか?
 
「これが正解」というものがないことは百も承知ですが、
最低限できることはしておきたいですよね!
 

台風21号進路予想2017を調べている段階では普段からできることではなく、
直前にできることをまとめた方が役立ちそうなので「今日・明日」できることとして調べてみました。
 
1、ライフライン断絶に備え食料・水の確保
→これはいうまでもないですね。
 
2、窓・雨戸の補強
→何が飛んでくるかわからないので窓だけでは恐い部分もあります。
雨戸がある場合は必ず締め、またない場合は突然のガラス破壊に備えカーテンを閉める。
 
ガムテープなどで窓を補強して飛び散りを防ぐこともできます。
東京・お住まいの地域によりますが対策のひとつとして。
 
3、↑に関わりベランダやお庭で飛んでいきそうなものを固定、家にしまう。
→自分の家のものが飛び自宅のガラスが割れるのは自業自得ですが、
最悪は他人の家を傷つけ、人を傷つけてしまうことです。
 
気象(台風)のせいとは言え、飛ぶ恐れがあるものを
外に放置していては責任を取らされる可能性がありますのでご注意を。
 
4、緊急連絡先
→災害対策として必須

台風21号進路予想2017を見てみると、
22日(日)夜半から、23日(月)にかけて東京では台風の影響を受けそうです。
 
できる限りの準備はして、
不要不急の外出は避けて身の安全を心がけていきたいですね。
 
【かわいいリスの画像/本当に白いです】
白いエゾリス[画像]帯広畜産大に現れるも人間が勝手過ぎてヒドイ

スポンサーリンク




コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の1件 | -